店主です。

 

先日からご紹介している五城目の新しいお店。

お茶できたり、ご飯食べれたりの場所限定ではありますが、

簡単にご紹介しています。

 

 

最終回の第3弾は、話題のこちら。

「下タ町醸し室 HIKOBE」

 

「したまちかもしむろ ひこべえ」と読みます。

朝市通りの入り口にある五城目の老舗蔵元「福禄寿酒造」さんが手掛ける

新しい交流拠点。

 

日本酒の販売や仕込み水で淹れるコーヒーを味わうことが出来る

カフェのような施設で、

コーヒーは、08coffeeさんのHIKOBEオリジナルブレンド。

 

福禄寿さんの仕込み水は、この辺では珍しい中硬水で、

どちらかというと、コーヒーの酸味を抑え苦みを感じやすい水質。

その特徴に合わせてブレンドしているようで、美味しくいただきました。

 

日本酒の呑み比べセットや、ちょっとしたおつまみもあって、

福禄寿酒造で製造してるお酒を、素敵な空間で堪能することもできます。

 

 

1階は大きなテーブル席があって、提供スタイルでの飲食は1階にて。

 

気になるスタイリッシュならせん階段。

靴を脱いで2階へ上がっていくと、

 

 

むき出しの柱や、おさ欄間がかっこいい、これまたゆったりとした素敵な空間。

コーヒーなどをテイクアウトして、2階でゆっくり過ごすのもいいですね。

 

ちなみに日本酒は1階のみで。
酔っちゃうとらせん階段が危ないから(笑)

 

 

冷蔵庫の中には日本酒や酒粕などがあり、

ここでしか買えない限定の「一白水成 HIKOBE」も販売しています。

これを目当てに遠方から足を運ぶ方も多いようです。

 

 

ということで、早速購入してみました。

食前酒に最適、フルーティであま〜い日本酒が好きな方に♪

 

 

駐車スペースは、隣接するこちらの福禄寿酒造さんの

向かいにある駐車場、右側奥(HIKOBE側)のスペースを利用。

 

ちなみに福禄寿酒造さんでは予約制ではありますが、

無料にて酒蔵見学もしてますので、

ご興味ある方は電話かメールにてお申し込みください。

 

 

駐車場側から見た「下タ町醸し室HIKOBE」

こちら側からも店内に入れますので、お車で行く方はこちらからどうぞ!

 

 

「下タ町醸し室 HIKOBE」

 

★営業時間=平日/10:00〜17:30
 通常朝市開催日と重なる土日祝(以外は定休日)/9:00〜13:00 

(朝市開催日=下1桁に2・5・7・0の付く日)

 

★蔵見学=平日/9:30〜、11:00〜、13:30〜、15:00〜
 通常朝市開催日と重なる土日祝(以外は定休日)/9:30〜、10:30〜、11:30〜
 施設の状況で案内できない場合もあるそうなので、事前にご予約を。 

 

 

 

 

以上、

3店舗のみのご紹介でしたが、

お茶やランチ、お買い物等で、

今回ご紹介した各店にお立ち寄りの際は、

足を延ばして、ぜひ5cochiにも遊びに来て頂けると嬉しいです。

 

 

店主です。

 

5cochiがある五城目町では、

ここ半年くらいの間に、いくつかの飲食関係のお店がオープンしています。

 

昔から、よくお客さまに

「この辺でお茶できるところないですか?」

「近くでランチできるところないですか?」と訊かれる事がありました。

 

ということで、先日に引き続き、

「最近オープンしたお茶ができるお店」限定ですが、

簡単に、さらさら〜とご紹介します。

 

 

* * * * * * * * * *

 

第2弾は、ご存じの方も多いこちらのお店。

五城目の朝市通りに面した場所(朝市入口)にある

「いちカフェ」

 

 

カウンター席の他、2人掛けのテーブル席が3つほど。

ドリンクなどのテイクアウトもしているので、

伺ったときはひっきりなしにお客さんが来店してました。

 

テイクアウトに限らず、

始めにレジにて注文と会計を済ませてから着席するスタイルです。

 

 

2階に上がるとイベントなども行う広いスペース。

ゆっくりゆったり過ごしたい方は2階がよさそうですね。

 

 

伺った日は、五城目のGABUGABUさんのベーグルや、

同じく五城目の作家さんuniqueさんの作品、

08coffeeさんのオリジナルグッズなども販売していましたよ。

 

 

この日いただいた週替わりランチはハンバーグランチ。

お味噌汁付きで800円くらいでした(記憶が確かならば・・・)

ランチメニューはしばらくの間、水・(数量により木も)のみの提供とのこと。

 

ランチにはコーヒーなどのドリンクは付きませんので、

食後にデザートなどと一緒にお好きなドリンクを!

 

ドリンクは08coffeeさんのコーヒーや、

ハーブティ、月替わりのドリンクなど、

何種類か提供しています。

ランチメニューのない日も、

月替わりのカレーやベーグルサンドなどがあるそうです。

 

 

※それぞれ、2018.6 現在の情報です。

 

 

「いちカフェ」

 

★営業日=火曜〜金曜 10:00〜15:00

 土日は、ごじょうめ朝市plus+の開催日にOPEN 9:00〜15:00

(朝市plus+の開催日はフードメニューはテイクアウトのみとなります。)

 

※オープンしたばかりのお店なので、

 臨時休業や、曜日による提供メニューの変更などがあったりします。

 Facebookやインスタなどで確認してから行くのがオススメです。

 

 

 

★駐車場のご案内です。

いちカフェ近くの十字路を、建物沿いに曲がっていただき、

(曲がった時の風景)

 

直進すると見えるこちらの空き店舗の前にある駐車スペース

 

いちカフェと書かれたプレートがあるのでそちらに駐車できます。

 

 

 

 

* * * * * * * * * *

 

 

そして番外編、

いちカフェのとなりにあるのがこちら。

ただのあそび場。

 

ただ(無料)であそびに来れる場所。

子供だけじゃなく、大人だってあそんでいい施設です。

 

木を打ちつけたり、色を塗ったり、

やりたい放題してもOKなカオスな壁や、

 

2階まで登っていくことができるボルダリングの壁、

ロープやウンテイなど体を使って楽しめるモノも。

 

2階は、

勉強したり、お話したりできる丸いちゃぶ台が置かれた、

広々とした空間。

 

「ひみつきち」と落書きされた

無性に籠りたくなるような小さな部屋や、

 

本棚もあって、自由に楽しく過ごせる場所です。

学校が終わる時間になると地元の小学生でにぎわっています。

お子さまをちょっと遊ばせてみたい方はどうぞ!

 

 

★営業日=月曜〜金曜 13:00〜18:00
ごじょうめ朝市plus+(朝市開催日の日曜) 9:00〜12:00

 

 

店主です。

 

最近、5cochiのすぐ近くの空き店舗で何やら工事が始まっています。

元々が飲食のお店だった場所。

この間ビールサーバーが運ばれてたので、飲み屋さんか何かかな?

ちょっと楽しみです!

 

五城目はここ半年くらいの間に、

いくつかの飲食関係のお店がオープンしています。

 

よくお客さまに

「この辺でお茶できるところないですか?」

「近くでランチできるところないですか?」と訊かれる事があるので、

最近オープンした、お茶できるお店限定にはなりますが、

簡単にさらさら〜っと、ご紹介していこうかな〜と思います。

 

 

* * * * * * * * * *

 

第一弾は、こちらのお店から。

5cochiから車で5分ほどの、川沿いにある一軒家のお店。

「Rapporti ラッポルティ」

 

 

自分たちでDIYして作ったという、小さなカフェ&バー。

ボクは窓から見える緑がたまらなく好きなので、

とてもいいロケーションでした!

 

 

オーナーさん一人で切り盛りしていて、

ランチ限定の曜日(火・水・木)と、

夜のバー限定の曜日(金・土・要予約で日)に分かれた

変則2毛作スタイルのお店。

 

 

カウンター席の他にも、4〜6人掛けのテーブル席が2つあって、

混んでいない時は、少人数でもこちらのテーブル席でゆっくりできます。

 

 

伺ったのはお昼のみですが、

黒板のメニューをみて、夜も行ってみたいな〜と思いました。

 

 

こちらはランチメニューのトマトソースパスタプレート。

別のランチセットや手作りピザなどもありましたよ。

 

食後のナガハマコーヒー付きで、850円でした。

ごちそうさま〜(^^)

 

 

* * * * * * * * * *

 

「Rapporti ラッポルティ」

 

★ランチ 火曜〜木曜 11:00〜14:00

 ※ランチはなくなり次第終了。ピザのテイクアウトもしています。

 

★夜 金曜〜土曜 18:00〜24:00

 ※日曜は要予約

 

祝祭日はお休み。(要相談で対応可能な場合もあり)

 

駐車スペースはお店の脇の川沿いにある大きな木の下周辺。

十分に駐車できるスペースがありました。

 

 

* * * * * * * * * *

 

詳しい場所ですが、

5cochiからは、285号線に出て右折(イオン方向)

100mくらい先にある橋の、手前の十字路を左折、

しばらくまっすぐ行くと、

このようなT字路のような場所に突き当たります。

右側小さな橋ですが、橋を渡らず、

赤い、車1台分の細い川沿いの道を進んで、50〜60m先にあります。

 

 

 

 

こんばんは、マネージャーです。

 

先日の第3日曜日の定休日、

前から楽しみにしていた「ごじょうめ朝市plus+」に

出かけてきました。

 

店主の傘が漫画みたいにひっくり返るくらいの雨風で、

買い物するのもちょっと大変でしたが、

五城目のベーグルや木いちごジャムなど、

美味しいものを買い、

新しく出来たカフェに寄ってお茶をして、

朝市をと〜ても!楽しんできました。

 

今年の五城目はなんだか賑やかになりそうですよ。

 

 

 

 

食べ物の他にも、手作り手芸作品のお店や、プラかご屋さんなどなど

出店されていました。

荒れた天気じゃなかったら、もっとお店が多かったらしいのですが…。

 

 

「ごじょうめ朝市plus+」は今週末、22(日)も開催されます!

お天気良いといいですね〜。

 

22(日)は5cochiは休まず営業しております。

朝市plus+の後はぜひ5cochiにも寄って頂けたら嬉しいです。

お待ちしておりま〜す!

 

 

 

 

こんばんは、マネージャーです。

今週はたくさんお休みを頂きありがとうございました。
今日から営業しております。

お休みは仕入れも兼ね、家族旅行で東京へ行ってきました。

ほとんど食べ歩きツアーになりました。
秋田では食べられないモノをいっぱい食べてきました。



浅草ではきびだんごと揚まんじゅう、浅草メンチに餅ドック。


原宿では、竹下通りでクレープ。笑
ICE MONSTERの台湾かき氷。



キャットストリートにあるお店のロブスターロール。

表参道のドミニクアンセルの
アイス入りマシュマロを焼いたフローズンスモアなど。

田舎者なので、東京の食べ物にかぶりついてきました。
他にもいろいろ食べたけど、
結局、秋田の食べ物が一番美味しいような気がしました。笑


仕入れもしてきました。
今日荷物が届いたので、少しずつお店に出していきたいです。

今週は明日17日(土)までの営業となります。
18()は第3日曜定休日となります。
お間違えのないようよろしくお願い致します。



 

こんばんは、マネージャーです。

定休日に大館の曲げわっぱ体験工房に行ってきました。

16、7年ほど前、東京で働いていた時の会社の先輩が
ご主人と五城目に遊びに来てくれて、
曲げわっぱを作る体験をしたいということで、
私と息子も一緒に作ってきました。



伝統工芸士の佐々木さんに、丁寧に教えていただきました。

大館市内のほとんどの小学生は4年生になると
息子も作ったパン皿を作るんだそうです。

息子は5年生ですが、佐々木さんに
「さすが5年生だ!上手だ!」と褒めていただき上機嫌でした。笑

私はお弁当箱を作りました。
杉の板を煮て、曲げたものを乾燥させるには、
1週間ほどかかるそうで、
体験では、出来たキットを組み立てる作業でした。

最初に食品衛生法に適合した安全な接着剤で
輪の部分と底や蓋をくっつけます。


はみ出した接着剤を布できれいに拭き取ります。

佐々木さんに要所要所でチェックしていただきながら
作業を進めます。

大きい目の紙やすりから、小さい目の紙やすりに変えながら
角を滑らかにしてゆきます。



お弁当箱は完成まで2〜2時間半。
パン皿は1時間〜1時間半かかります。



私が作ったお弁当箱。

自分で作ると愛着がはんぱないです。かわいい〜。


息子が作ったパン皿。

息子は毎朝これでパンを食べてます。
焼きたてのパンをのせても、水滴でべちゃべちゃになりません。
杉の香りがすごくいいです。


先輩たちのおかげで、私も貴重な体験をしました。
曲げわっぱ体験、めっちゃ楽しかったです。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *

★再入荷のお知らせ
 ペーパーポンポンが入荷しました。



お手洗いに飾っているΦ20僖織ぅ廖
残念ながら左上のメロン色がメーカー欠品のため入荷未定です。
新しく、濃ピンクとパープルが入荷しました。
欠品しておりましたΦ30僂離團鵐も入荷しました。
よろしくお願いします。

 

先日のお休み、鹿角市に行ってきました。

前に行ってきた友達から、いいところだったよ〜と聞いていて、
やっとこさ行くことができました。



そこは、十和田湖もほど近い、鹿角市の中滝小学校。

2008年に閉校しましたが、今は「中滝ふるさと学舎」という、
体験工房やカフェ、宿泊などもできる施設になっています。



木造校舎がレトロで、昔にタイムスリップしたような雰囲気。
ずっと、歌が流れていて、なんだかわからないけど、
泣きそうになる曲でした。

しかし、今日の「あまちゃん」もぼろ泣きでした。
(おっと、脱線してしまった〜。)


おなかペコペコで、カフェへ。



カフェに入ったとたん、目に入ってきた窓の外の川。
こんな景色を見ながら、食事ができるなんて、すてきすぎる。

上手く撮れなかったので、残念ながら写真なしです。
例えていうなら、ジブリの世界みたいで、
めちゃめちゃきれいでしたよ。

こうやって、きちんと管理されて、雇用も生んで、お客さんも来て、
みんなに利用されている学校って幸せだなと思いました。
きっと大変なこともあると思いますが、みんなの故郷として、
ずっと変わらずそこにあって欲しいなと思います。

以上、5cochiの旅レポでした〜。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

さてさて!
ブレスレット、新商品が入荷しておりますよ!



ターコイズカラーとピンクのブレスは、
アンクレットも入荷しております!

よろしくお願いします。

こんばんは、店主です。

GW、いかがお過ごしですか?

この休みを利用して、遠くからはじめて5cochiにおいでくださったり、
久しぶりに遊びに来ていただいたりと、嬉しいありがたい思いをさせていただいてます。

さて、
今日の大潟村「菜の花ロード」の風景です。
夕方5時を過ぎ、お天気もあまりよくない時間帯でしたが、キレイでしたよ!

大潟村桜と菜の花まつり菜の花ロード


八郎潟方面から大潟村へ向う場合、菜の花ロードの手前は八重桜(たぶん・・・)なのでまだ開花していません。
しばらく走っていき、ピンクの橋を渡ったあたりから、黄色い菜の花と薄いピンクのソメイヨシノが道路両脇に地平線まで続く絶景が広がります。
5cochiへお越し際は、ぜひ寄り道して桜を楽しんでくださいね♪
(桜と菜の花まつりのついでに5cochiへ、のパターンの方が多そうですが(^^;))

明日4日は、火曜日で通常定休日ですが、GWということもあり、5cochiやってます!
ぜひぜひ、遊びにいらしてくださいね〜!

※GW期間中は、混雑のため、ラッピングに大変お時間がかかる場合がございます。
 あらかじめご了承下さい。 

5cochi的ステキMAP〜その1〜にも掲載していますが、
国道285号線沿いにある五城目朝市駐車場から
朝市通りに向かう途中の右手に、
荒要商店というお店があります。

そのお店の入り口には
「ミニ資料館」という看板があって中をのぞくと・・・

小さなスペースではありますが、
大正〜昭和の懐かしい空間が広がっています。



唐箕(とうみ)という、
脱穀した穀物の殻や塵を吹きわけるのに用いた農具や、
実際に明治時代〜戦後(昭和25年頃)まで
五城目の街中を走りまわっていた大八車、
計量器の台計り(通称カンカン)や前掛け、ホーロー看板など、
今ではなかなか見る機会が少なくなった
昔の道具類が並んでいます。



古きよき昭和初期の時代へ、
ほんの少しタイムスリップした気分を味わえますよ♪



朝市にいらした際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。
ミニ資料館は入場無料です。

詳しい地図はこちらから


荒要商店
住所 秋田県南秋田郡五城目町下タ町174
電話番号 018-852-2237
営業時間 7:00〜19:00
休業日 毎月8のつく日

先日、5月5日の5cochiの日終了後、
五城目町野鳥の森近くの窯元「三温窯」さんへいってきました。



自然豊かなエリアに佇むこの窯元で、
登り窯での窯焚き作業があるということで見学しに・・・

周囲には黒煙がもうもうと立ち込め、
パチパチと焚き木が音を鳴らしているその雰囲気に
神聖なものを感じつつも中へ。



ボクらがおじゃました頃は釜焚き2日目で、
室内の炎は上方へ上がり、何箇所かに設けられている穴から、
炎が噴出していました。
その炎を見ながらタイミングを見計らって薪を足し足し、
最終的には室内の温度は約1,300度にまで達するのだそうです。

この焼成に要する時間は丸3日間!!
昼夜兼行で作業が行われるんだそうです。



こういった昔ながらの登り窯での焼成は、
ガス窯や電機窯の焼成とは違い、
火のあたり加減と灰のかかり具合によって、自然な釉薬の変化がみられ、
予期しない模様や色に焼きあがるため、
味があり、同じものは決して二つとできないといわれてます。
こうして焼かれた陶器独特の有機的かつ微妙な仕上がり具合は
「景色」と表現されることもあるのだそう。

ましてこの登り窯も窯元自ら自分の手で作り上げた代物。

こだわりと情熱が生み出す「三温窯」の焼き物は、
この地域でとれる鉄分を含む土や石・植物の灰などを用いて作られ、
出来上がった器は、土の締まり具合というか詰まり具合が良く、
自然のものからとれる釉薬を使用しているせいか、
柔らかな色合いがあります。
なおかつ使い易く温もりが感じられる器は、
ボクらも大好きで、日々大事に大事に使わせていただいています。



今回の窯焚きを見学したことで、
よりいっそう「三温窯」の器に愛着を持つことが出来ました。
窯元に併設しているギャラリーで器を購入することも可能です。
ぜひ、ステキな器を手にとってごらんいただき、
その良さを肌で感じていただけるといいなぁ〜

詳しい地図はこちらから


窯元「三温窯」
場所 秋田県南秋田郡五城目町上樋口字樽沢175 環境と文化のむら入り口
電話番号 018-852-9028
営業時間 9:00〜17:00
休業日 不定休
駐車場 あり(1〜2台)


ブログトップページボタン

営業日カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
・・・定休日
毎月5,15,25は「5cochiの日」
食品・セール等を除き、5%OFF

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
・・・定休日
毎月5,15,25は「5cochiの日」
食品・セール等を除き、5%OFF

Selected Entry

Archive

Comment

Search

▽雑貨屋5cochi facebook

▽雑貨屋5cochiサイト

5cochiウェブサイトボタン

▽雑貨屋5cochi通販サイト

5cochi通販リンクボタン

Profile

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM